米経済に悪影響

シェアする

米経済に悪影響

3日の日経は、米経済の指標の悪化から下落となった米国株をうけ436円安の21,341円で終了となりました。

米経済に悪影響

日経平均株価

今日は大幅安ですね。

昨日発表されたISM製造業景況指数の悪化に続き9月米ADP雇用統計なども予想を下回り米中貿易摩擦が米経済に悪影響を与えていることが懸念され米国株は500ドル近くの大幅下落となりました。

また、トランプ大統領はEUに対しエアバスへの不当な補助金への対抗措置として75億ドル相当のEU産製品に報復関税を課すことを発表しWTOがこれを認めました。

中国の関税で世界経済が悪化している中、EUに対しても大幅な関税をかけさらなる経済へのダメージが予想され先行きの不透明感が強まっています。

また、明日は米経済悪化が懸念されている中、雇用統計も発表されますので明日も様子見な相場になるのかと思います。

なかなか買いづらい場面ではありますが、できるだけ引きつけて押し目を狙っていきたいところです。

来週あたり押す場面買いたいかなと思いますがどうでしょうか。

騰落レシオ(25日)は未だ買われすぎの126となっていますし雇用統計の結果を踏まえて考えていきたいところです。

今日は投資主体別売買動向が更新されましたが、個人は現物で買い越し先物は少し買い越し、海外勢は現物を売り越し先物を売り越しとなりました。

参照:日経平均チャート(https://nikkei225jp.com/data/shutai.php)

先週は海外勢が先物を大幅買い越しとしていましたが、今週は売り越しとなりましたね。

方向感が少しぶれましたが年末にかけて上昇していくものと見ていますので押す場面は買いで考えていこうかと思います。

ですが、ダウの週足チャートだけ見るとサポートラインを割るぎりぎりなところにいて少し弱い感じもします。

10月はイベント多めですので無理な取引はせず様子を見ながらできるだけ引きつけて押し目買いとしていこうかと思います。

下落で雰囲気は悪いですが、年末にかけて買われていく相場に期待してみていこうかと思います。

では、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村