米国で「逆イールド」発生

シェアする

米国で「逆イールド」発生

15日の日経は、米国市場で逆イールドカーブが発生しリセッション懸念となり大幅安となった米国株をうけ249円安の20,405円で終了となりました。

米国で「逆イールド」発生

日経平均株価

今日は大幅安ですね。

米国市場では米10年債利回りが2年債利回りを下回る「逆イールド」の状態となりリセッション懸念が高まり下落となりました。

30年債利回りも初めての2%を下回ることとなりました。

この逆イールドカーブが発生すると18か月以内にリセッション(景気後退)入りを示唆するといわれておりこれが投資家心理を悪化させる要因となったようです。

トランプ大統領もクレイジーな逆イールドカーブは利上げを急いだFRBにあると批判しており苛立ちをツイートしていました。


他国が市場を全くわかっていないパウエルと連銀に「ありがとう」と言う中、他国との金利差がありすぎだ。ドイツや他国はこれに乗じている!長短金利が逆転した!我々は簡単に大きな報酬と利益を手に入れることができるのに連銀がそれを妨げている。しかし我々は勝つ!

米国は今年の3月にも逆イールドカーブが発生しておりそれらも考えると後1年以内のリセッション入りが警戒されます。

逆イールドが発生したとしても必ずリセッション入りとなるわけではないですが中国との貿易戦争が長期化している中可能性は高まっているものかと思います。

さて、日本株は昨晩の800ドル(3.05%)大幅安となった米国株をうけギャップダウンの寄り付きとなりました。

前場では節目となる20,000円を目前に押し目買いが入った形となりましたが、今日も昨日に引き続き東証一部の売買代金が2兆円割れとなっていますので様子を見ている感じでしょうか。

昨日の米国株の下落があったとしては下落幅は少なかったですがここら辺は少し押し目を入れていけばいいのかと思います。

明日は週末ですし週末要因で弱い場面もあるかもしれませんので多く買う必要はないですが昨日みたいなはねたとこより今日みたいな押し目を狙っていくのが今の相場はいいのかと思います。

なにが飛び出てくるかわからない相場ですので実力以上の玉を入れるのは厳禁ですがまだそこまでひどい相場にはならないと思いますし、短期的な押し目買いを入れて資金を回していけばいいでしょう。

ダウ先物は現在(17時半)150ドルほど上昇していますしとりあえずは米国株を見て、ですかね。。

では、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村