米中一時休戦で合意

シェアする

米中一時休戦で合意

27日の日経は、米中首脳会談への期待感から251円高の21,338円で終了となりました。

米中一時休戦で合意

日経平均株価

今日はトランプ大統領と習主席の会談日程が発表され、また、米中が貿易戦争の一時休戦で合意との報道をうけ投資家心理が改善し買いが広がりました。

久しぶりに東証一部の売買代金はぎりぎりですが2兆円を超えましたね。

貿易戦争は一時休戦ということで米国的にはおもしろくない展開でしょうが、とりあえずは今週末の米中首脳会談への警戒は薄れたように思います。

トランプ大統領が用意している中国からの残り3250億ドルへの関税も最大25%から10%とする可能性も示唆しており、少しらしくない感じですね。

首脳会談が開かれるということはなにかしらの合意があるかと思いますが、今のところは協議再開と握手ぐらいかと思うところです。

これでイベントが無事通過となれば一旦はリスクオンとなりそうですね。

まぁしかしながら、昨日も書きましたが海外勢が日本から徐々に離れていっていますしこれからは消費税増税も控えていますのでまだ買い目線でいいかと思いますが、今年中には売りも考えていかなければならない時が来るのかと思います。

まぁそこら辺はまた更新していこうかと思います。

今日は短いですがこのへんで、ではお疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村