MMT(現代貨幣理論)とは

シェアする

MMT(現代貨幣理論)とは

6日の日経は、前日の大幅高の影響もあり買われる場面もあったが戻り売りが優勢に進み8円安の20,767円と小幅安で終了となりました。

方向感のない展開

日経平均株価

225は方向感のない展開でしたね。

前日の米国株は、5月ADP雇用統計が予想18万人から2.6万人と小幅にとどまったことから利下げ観測が強まり、 5月米ISM非製造業景況指数(総合) が予想55.5から56.9になったことなどもあり上昇となりました。

また、メキシコとの移民問題について合意出来るとの観測も上昇の後押しとなりました。

まぁこのメキシコの問題は対した問題ではないので解決も早いでしょうし、米国は景気減速や後退となっても利下げを実行できるので米国の株価の下落はそこまで大きくはならないのかと思います。

問題は日本で、米国が利下げをしたことは米国株にはプラスに働きますが、日本には円高として返ってくるので引き続き輸出関連は厳しくなるかと思います。

もちろん米中の貿易戦争も真っ最中ですので中国に関係の深い企業なども警戒が必要でしょう。

全体的な方向性は定まっていませんが、上昇出来るような好材料もみあたらないのであまり上昇に期待できる状態ではないですし、引き続き上値は追わず押し目買いを中心に取引するのがいいかと思います。

まぁすぐに直近の窓を埋めてはこないかと思いますし、225も方向感のない展開となる可能性の方が高いかと思いますので材料株の方に期待したいです。

MMT(現代貨幣理論)とは

最近はMMT(現代貨幣理論)がよく記事で取り上げられていますね。

このMMTとは「Modern Monetary Theory」の頭文字をとったもので通貨の発行権限を持つ政府は自国通貨建て債務の返済に必要なお金をいくらでも調達できるので、財政赤字を膨らませても問題ないとする、というものです。

砕いていうと、自分の国でお金を発行できて借金も自国からしている国は財政破綻のリスクもほとんどないからもっと借金をしてお金を使えばいいというものです。

よくMMTの例として日本が取り上げられます。この理論は賛否両論ありますが、麻生財務相や日銀の黒田総裁は否定派のようです。

MMTの理論だと消費税増税は悪手です。

消費税増税の目的は財政赤字削減と社会保障への補填です。ですが、MMTの理論で考えると財政赤字は問題ないですし、お金は借金して増やせばいいのです。

借金というと聞こえが悪いですが、自国の通貨で自国で借金をすればデフォルト(不履行)リスクがないので問題ないのです。

つまり増税などしなくても財政出動などしていけばいいだけでありデフレ効果がかなりある増税は悪手以外の何物でもないのです。

好景気になってきてインフレに傾いてきたなら調整するのに増税するのはいいことだと思いますが、この世界的不景気に増税はおかしいのです。

物価上昇率も2%は程遠いですし、デフレ脱却とか言っている中増税を行うのは愚かですのでここら辺は来月ぐらいには動きもあるものかと思うところです。

まぁ予定通り何も変わらず消費税増税に動くようなら株は売りで考えるだけのことですけどね。

デイトレ空売り銘柄

条件:売り

期間:デイトレ

3457ハウスドゥ

デイトレ銘柄

条件:買い

期間:デイトレ

6938 双信電機

では、お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村