トランプ大統領、ダブル選を示唆?

シェアする

トランプ大統領、ダブル選を示唆?

今日の日経は、先週末の米国株安や円高などの影響もあり-190の20,410円と続落となりました。

トランプ大統領、ダブル選を示唆?

日経平均株価

今日はギャップダウンのスタートとなり小幅の動きとなりましたね。

先週トランプ大統領はメキシコからの不法移民への対応が不十分だとして6月10日以降メキシコからの輸入品すべてに対して5%の関税を課して問題解決するまで段階的に関税を引き上げていくと発表し、メキシコペソが下落しドル円は3日108.05円まで下落となりました。

また、米中の貿易戦争も長期化が懸念され米国株の主要3指数は下落となりリスクオフの動きとなりました。

それをうけて日本株ですが今週は波乱含みの相場となりそうですね。

割安感からの買いも入っているかとは思いますが、あまり積極的な投資家は少なかったのかと思います。

まぁここまで来れば底を見に2万割れも試していくでしょうしそのあたりが買い場となるのかと思いますが、「もうはまだ、まだはもう」と言われるように下げる時はもう下げないだろうと思ってからもう一段下げることがありますのでできるだけ引きつけて買うように心がけた方がいいのかと思います。

株は常に行き過ぎるものです。もう下げないだろうとみんなが思っているとまだ下げ、総悲観になりまだ下げるだろうと思う時が買い場になる時が多いのでそこを意識するといいのかと思います。

チャンスはみんなが総悲観となっている時が多いのです。今は下げを試す場面ですのですぐ買う必要はないのかと思いますが、セリクラみたいな場面があれば買いやすいのかと思います。

信用買い残(枚数)も過去20年間で最低水準ですしそこまで悲観することはないのではないでしょうか。

今週は本日3日23時に米PMI製造業景況指数、5日21時15分に米5月ADP雇用統計(前月比)、7日21時30分には米雇用統計と経済指標を一つずつ織り込んでいく感じですね。後はトランプ大統領のツイートで株が動くので発言次第なところはあります。

迷惑な大統領ですが、しばらくは我慢して下値目途を探していこうと思います。

7月には衆院選がありますが、トランプ大統領のツイートで興味深いツイートがありました。

訳すると「日本との貿易交渉は大きく前進した。農産物と牛肉が交渉の中心だ。ただこれは大きな数字が期待される7月の選挙の後までお預けだ! 」という訳になりますが、注目はelectionsという単語で選挙という意味があるのですが、複数形になっていることからダブル選を示唆しているというものです。

ダブル選となれば、消費税増税も見直される可能性が上がりますので7月は少し面白くなるのではないかと思っています。(まぁ話半分に覚えておいてほしいところですが。)

まぁ6月は安値をどこでつけるかを見極めていきたいですが6月は調整、6月下旬から7月が上昇というのが今のところの見解です。

相場も活発ではなく面白くはないですが、押し目を狙いつつ無理のない取引がいいかと思うところです。

では、お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村