GDPはプラス成長も内容は良くない

シェアする

GDPはプラス成長も内容は良くない

今日の日経は、朝方発表の1~3月期の実質国内総生産(GDP)速報値が予想に反してプラスだったことをうけ好感した買いが入りましたが、その後戻り売りに押され+51の21,301円で終了となりました。

GDPはプラス成長も内容は良くない

日経平均株価

今日はGDP速報値が公表されましたが、予想では前期比0.0%、年率-0.2%だったのに対し結果は前期比0.5%、年率2.1%と予想外の結果となりました。

マイナスは確実かなと思っていただけに面くらいましたが、個人消費や設備投資は落ち込んでいますしプラス要因は内需減少に伴う輸入の大幅減や公共投資となっていますので内容は良くないかと思います。

今日のGDP速報が消費税増税するかどうかのポイントかと思っていましたのでマイナス成長なら増税回避かなと思っていましたが、このプラスという結果は増税の可能性を高める結果になるかと思います。

また、GDP速報をうけ菅義偉官房長官は20日午前に会見を行い10月に消費税増税するのに影響は全くないと強調していました。

今週は24日に日米閣僚級協議、27日には日米首脳会談がありますのでこれが行われる前に消費税についての動きがなければ増税はするものとして見ていこうと思います。

さて、増税となったならば今年はもう売り目線で考えていかなければならないかと思います。

明らかに景気は悪くなっている中での増税ですので経済に与える影響はかなり大きいでしょう。

下手したらリーマンショック級もあり得ますしかなり厳しい相場が予想されます。

2014年の増税の時には日銀が債券を買い入れなど対応策もありましたが、今は金融緩和も真っ最中で金利も0.1%程度を推移しています。

この低金利ですので景気刺激策として金利を下げるなどの対策はとれないので日銀にできることはあまりありません。

さらには外国人労働者なども受け入れを拡大することも言っていますので本当に日本を良くしようとしているのか疑問に思う動きです。

人が足りていない状況で景気も良くなっているならわかりますが人も余っていて景気も悪くなっている状況での外国人労働者受け入れ拡大ですからね。

ここに消費税増税ともなればしばらく売り目線でいいのかと思うところです。

さて、消費税増税はなるのか?今日を期限にしていましたが今週ぐらいはまだ余地はあるかと思いますので政府の動きに注目ですね。

消費税が完全に決まるまではなかなか動きづらいですが、少し様子見で見ていこうと思います。

デイトレ銘柄

条件:買い

期間:デイトレ

3679 じげん

6944 アイレックス

では、お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村