米国が中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当への追加関税発動

シェアする

米国が中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当への追加関税発動

今日の日経は、予定通り米国から中国に追加関税引き上げが行われて後場からは下げに転じ-57の21,344円で終了となりました。

米国が中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当への追加関税発動

日経平均株価_株知識

今日は米東部時間10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当への追加関税率を従来の10%から25%に引き上げが実施され下げとなりましたがトランプ大統領が州内の米中通商合意は可能との認識を示したこともあり下げは限定的になりました。

これに対し中国側も追加関税を実施することを示しました。

また、今日はOPSQとなり5月限先物のSQ値は21,451.91円となりました。

現在米中閣僚級協議が行われている最中ですが、次の首脳級協議が行われればそこで市況が動いてくるものかと思います。今回の閣僚級ではそれほど動きはないのではないでしょうか。

苦しくなってくるのは中国ですが、今回の追加関税で中国だけではなく中国と関係の深い国やアジア全体の景気下押し要因となります。

米中貿易協議がさらに強まれば為替も円高傾向となっていくでしょうし引き続き上値の重い展開が予想されます。

まぁしかし昨日今日あたりは押し目買いとしていましたが、材料株など思ったよりもひどい状況になっていませんし良い押し目となったのではないでしょうか。

まだまだ下値を試す展開も予想されますが、信用買い残も溜まっていない状態では大きな下落も考えにくいですし急速な回復も今日の米国市場の動きによってはあると思いますので引き続き短期的な目線ですが上昇に期待したいです。

また、今日は投資主体別売買動向が更新されました。

週別累計投資主体別売買動向
週別累計投資主体別売買動

4月は海外勢は現物を買い越していますね。

月別累計投資主体別売買動向
月別累計投資主体別売買動向
週別先物投資主体別売買動向
週別先物投資主体別売買動向

先物は個人は190億買い越し、海外勢は1922億売り越しとなりました。

月別先物投資主体別売買動向

海外勢の先物は買ったり売ったりまちまちになってきましたがまだ買い目線の方が強いのかと思います。

明日の閣僚級の協議で変化があるかもしれませんが、もう少し下がれば騰落レシオ的にも買いやすくなってきますので下げたら無理のない範囲で押し目買いがいいのかと思うところです。

では、お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村