米中通商協議に不透明感

シェアする

米中通商協議に不透明感

今日の日経は、米中通商協議に不透明感が出たのを嫌気した売りが膨らみ-418の20,333円で終了となりました。

米中通商協議に不透明感

日経平均株価

今日はちょっと弱かったですね。騰落レシオも高い水準になっていたのでそろそろ調整かとは先日も書きましたが、その前に一回21,000円台に乗せると思っていたんですが裏切られました。

トランプ大統領は7日に米中通商協議の期限である3月1日までに中国の習近平国家主席と首脳会談をすることはないだろうと述べたことにより米中通商協議に不透明感が生まれました。

また、欧州委員会はユーロ圏経済成長率予想を1.9%から1.3%に下方修正したことも売りに繋がり今日の大幅下落となりました。

SQになると次々に材料が出てきますね。狙ってやっているのかなとも思います。まぁ米中通商協議については3月1日までにまとまるとはあまり思っていませんし問題は関税引き上げをするかどうかだと思います。

交渉期限までに合意が得られなければ約2,000億ドルに課せられている10%の関税を25%に引き上げるとしていますが、これがされるのか否か。まぁ合意が得られず関税も課さないでは米国のイメージが弱いですしそれはなさそうですがね。

欧州に至ってもイタリアはリセッションとなりそうですし、イギリスもブレグジッド問題もありますので欧州も今後の見通しは悪いです。

しかしながらここらへんは想定していましたし、調整は近いとしていましたので押し目狙いですね。所詮、まだ下がったら買いでいけるかと思いますし引きつけて買っていけばいいかと思うところです。

まぁ状況が難しくなってきていますので随時方向修正が必要になるかと思いますのでこのブログも参考になれば幸いです。

では、3連休良い週末を。お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)

人気ブログランキング

こちらもよろしく

にほんブログ村 株ブログへ

にほんブログ村

『米中通商協議に不透明感』へのコメント

  1. 名前:筑波山の仙人 投稿日:2019/02/10(日) 12:27:05 ID:0ed2ccf40 返信

    株知識様にはご健勝の事と拝察申し上げます。こちらは雪が心配でしたが、無事に過ぎたようです。地元の明野町(現・筑西市)の稲葉一族が創業したファナック筑波工場の建物も黄色いままです。(約1100年前に京都に行って陰陽師になった安倍晴明の生誕地もこの明野町と言われています) スーパーボランティアの尾畑さん(79歳)は寒かろうと心配ですが、「まだ約1100㎞もあると言うのではなく、もう1100㎞しか無い」と言っていましたから、お元気で今頃は愛知県の当たりを歩いているのでしょうか?有名人になってしまい、毎日たくさんの人にお茶のペットボトルなどの差し入れがあるようですから、14日のバレンタインデーにはたくさんのチョコレートを貰うのでは? 私は一度も貰った事がないんだけんちょも・・・涙目です。それでも嘆くまい・・・私には株と言う楽しい世界があるのですから!!!  先週の市場は、株知識様の注目株が好調な結果を実現しておりましたが、特に「売り」の日本化学(4092)は8日に暴落して、(2127)(6196)なども大幅安で敬服致した次第であります。今週も読ませて戴くのを楽しにしております。5・7・5を書かせて戴きまして失礼申し上げます.   「涙目で 少し鼻水 バレンタインデー」 「妄想だ 前沢社長の 自腹買い?」  「敷金礼金ゼロ 株価はゼロとは 言わせぬぞ!」  「引け不成 買い返済は なぜ苦手?」  「1万株 成り売り比例で 100株出来」 「3時から まだやりたくて 名古屋株」