消費税増税に対する見解※デイトレ空売り銘柄

シェアする

消費税増税に対する見解

今日の日経は、円安と先週の米国株高などを背景に買いが先行しましたが英国のEU離脱や米政府機関の閉鎖解除目途がたっていないなどの問題を前に買いは広がらず+53の20,719円で終了となりました。

消費税増税に対する見解

日経平均株価

今日は少し弱い展開となりましたね。前場は200円を超える上昇となっていましたが他国の情勢が気がかりで後場にかけてはしぼんでいく結果になりました。

東証一部の売買代金も2兆円を割っており小商いでしたしこのまま調整となるかはわかりませんが今日は米国市場が休場となりますのでその影響もあるかと思います。

米政府機関も未だ閉鎖されていて目途がたっていない状態ですし積極的に買いが入りにくかったのでしょう。今回は少し閉鎖する期間が長いので気にはなりますが、まぁいつまでも閉鎖しておくわけにはいかないのでそろそろ折り合いがつくところで収まるとは思います。

新興株は少し頭打ちとなりました。マザーズ指数予想としては直近高値と安値の安値から61.8%戻しが930円付近でしたので930円から75日移動平均線ぐらいから調整かなと読んでいましたが、思ったより伸びました。結果75日移動平均線を超えて980付近までいきましたが私としてもここらへんで調整に入ってくれた方が買いやすいので調整は喜ぶところです。

直近安値の749から30%ほど上がっていますのでここらで一服してほしいところです。目途としては900前後までいけばまた買いも考えていこうかなと思います。まぁこれはまた状況によって変わりますので都度ブログでも書いていきます。

225に関しては引き続きじりじりとした展開になるかと思います。上げるにしても下げるにしても微妙な位置ですし今は材料株をメインに取引がよさそうです。材料株も調整に入るかもしれませんが、引き続き上値は追わず押し目を狙っての取引がいいでしょう。

225は先々は下落が想定されますが2月中前後ぐらいまでは買いでとりあえずは考えていけばいいとは思います。3月は減益決算が相次ぐでしょうし、米中通商協議、ブレグジッドなど下落要素が多いので厳しそうです。10月には消費税増税などもありますしここも今の状態でいくとかなり厳しくなるかと思うところです。

消費税増税に関しては米ディシジョン・エコノミクスのアレン・サイナイ社長の見解がブルームバーグで記事になっていました。

安倍首相は消費増税撤回を、経済・物価が頑健とは言えず(参照:ブルームバーグ)

消費税についての見解は私もこの記事とおなじ見解で、消費税は増税するよりも減税する方がいいんですけどね。日本はちょっと経済が良くなると消費税をあげようとするのでいつまでもデフレを抜け出せないのです。軽減対策としてキャッシュレス化のポイント還元を挙げていますが、キャッシュレス化にはその機械を導入する資金もいりますし小売業などにはそれだけでも負担になります。その上増税ですから厳しくなるのは目に見えています。なんとか撤回してほしいところですが、、どうなりますかね。

まぁ目先はまだまだ買いでいけるかとは思いますが、後々下落する相場だということは念頭に入れ取引していくのがいいかと思うところです。

デイトレ空売り銘柄

私のシストレの一部を紹介します。

条件:売り

期間:デイトレ

3230 スター・マイカ

6047 Gunosy

では、お疲れ様でした。

株初心者の方はこちらも
https://kabuchishiki.org/?p=72

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村