動きづらい展開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

動きづらい展開

今日の日経は、為替が円安に動いたことと前日まで短期で下落していたこともあり反発し+277の22549円で終了となりました。

動きづらい展開

日経平均

ドル・円はムニューシン米財務長官が言及した為替条項に対し、麻生財務相が米国との通商交渉に為替が入ることはないとの発言もあり円安となり112円台に回復となりました。

日経は反発となりましたが、昨日までで短期で2000円下がっていたのでこれぐらいの反発はあまり気になるところではありません。75日移動平均線を超えてくればとりあえずはというところですが昨日も空売り比率が48%を超えてきていましたしその買い戻しなども考えれば今日は少し弱いぐらいかと思います。

25日には安倍首相の訪中や物品貿易協定(TAG)などもありますし少し警戒が必要かと思います。特に安倍首相訪中の結果次第では米国からの反感を買うかもしれませんし安倍首相の外交手腕が試されるところです。3兆円規模の通貨スワップ発動とか米国との間取り持ちますよ、みたいな話になると危ういと思います。安倍首相は外交の腕は良いと思いますのでそこまで悪い結果にならないのではないかと思いますが警戒は必要そうです。

現在日本と米国は知的財産権侵害に対し一緒に中国に働きかけていますので中国に歩み寄る必要はないと思うのですが、この前のトヨタ自動車とかもそうですがこの米中貿易摩擦が激化して中国が潰されるのではないかというタイミングで中国での自動車増産してきたりしていて、私的には中国とは今距離を置いて米国につくべきではないかと思うのですが少しよくわからない動きをします。

先行きは不透明感がありますが、今日のは自律反発として、短期的に売られすぎ状態ですので少し回復はすると思いますがイベントを前に動きにくい展開になるのではないかと思います。まぁ日経がもみ合いとなれば材料株に期待したいところです。

では、お疲れ様でした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする