メディアに踊らされるな

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メディアに踊らされるな

今日の日経は、先週末の米国金利上昇を嫌気した米国株安や為替の円高などの影響をうけ、-314の23469円で終了となりました。

日経平均株価

未だ調整が続きますね。日本株は4日続落となり9月18日の窓を埋めた形になりました。23000円を割ってくるようなら少し強気でいいと思いますがここら辺は中途半端なのであまり手を出したくはないかなと思います。今日は東証の現物売買システムに不具合があったようで前場はそれに仕掛けてきた投機的な動きもあったようですがそれも弱さを増幅させての下落となりました。

マザーズ指数は再度1000円割れ付近まできましたのでこの1000円割れを試すような動きとなるでしょう。新興株も上昇してもいいと思うのですが個人投資家の弱気を反映しているような感じですね。主力株が調整している間に材料株が盛り上がってくれればいいのですが、今の個人投資家は弱気すぎてなかなか盛り上がりに欠けるようです。

メディアなどもこういう下げにはここぞとばかりに米中貿易摩擦懸念激化とかイタリア財政不安再燃とか煽ってきますが、米中貿易摩擦懸念は前々から激化中ですし、イタリア財政不安が日本にどれほどの影響を与えるのでしょうか?所詮、遠くの問題での下落は買いですし、メディアは相場の上げ下げに連動して後付けでその理由を書いているだけですので言えばどうとでも言えるのです。メディアの情報もその情報の質と濃淡はありますので、あまり書かれていること全てを鵜呑みにしないようにしてほしいと思うところです。

相場ですが、ここはまだ調整の範囲内だと思いますし、22500円~23000円までいくようなら強気でいいと思います。これからの上昇は変わりないと思いますし、今は売っていくよりもどれだけ引きつけて買えるかだと思いますので安いところは買っていこうと思います。

下落続きでおもしろくはないですが、全体的に弱気になっているので状態はいいのかなと思うところです。

では、お疲れ様でした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする