トランプ大統領、対日貿易赤字を問題視。日経平均6日続落

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トランプ大統領、対日貿易赤字を問題視。日経平均6日続落

今日の日経は、災害の余韻に続きトランプ大統領が対日本の貿易赤字を問題視したことにより円高に振れたのを嫌気し売りが広がり-180の22307円と6日続落となりました。

トランプ大統領、対日貿易赤字を問題視。日経平均6日続落

日経平均株価

一時は-300円超まで売りが進みましたが後場にかけて値を戻しましたね。米国で半導体の先行きに厳しい見通しが出され半導体を中心に売られナスダックなどが下落となっていました。日本もそれをうけ半導体関連が下落となり、また、トランプ大統領が対日貿易赤字を問題視したとして円高に振れて下落となりました。

これまでは対中国の貿易摩擦でドル買いとなっていましたが、それが日本に矛先が向いたことにより円高に振れています。月内には第2回の日米閣僚級貿易協議(FFR)や日米首脳会談に向けて円高への警戒が強まっていくでしょう。

1435TATERUも下げが止まらないですね。1週間で株価は3分の1となっています。建設資金の借り入れ希望者の預金通帳を改ざんなどどうしようもないことをしているのでそりゃ売りも止まらないだろうと思います。少し前から不動産関係は不祥事もぽつぽつ出ていましたし、そもそも日本は都心ならまだしも地方の方は空き家が増えてくるわけですしあまり業績が良くなる業種ではないのです。外国労働者をどんどん雇用していけば埋まっていくのでしょうが。。

TATERUの影響で不動産関連銘柄は不祥事がめくれるのではないかという思惑などがあり売られていますが、都心を中心としている不動産関連などは少し面白いのではないかと思います。3300AMBITIONなどは都心を中心に展開している銘柄でTATERUの影響もあり売られていますが、この位置なら押し目買いで入るのもおもしろいのではないかと思っているところです。

では、お疲れさまでした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村