パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演

今日の日経は、米国で開催されるパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演を前に円安・ドル高が進み、+190の22601円と続伸となりました。

パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演

日経平均株価

今日はパウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の講演もありますので様子見相場ですね。米利上げ継続期待が為替の下支えとなってとなって円安に推移し225も上昇となりました。東証一部の出来高は2兆円を6営業日連続で割るなど閑散とはしていますが、雰囲気も良くなってきていると思いますしイベントも今のところ無難に通過しているので問題ないかと思います。

まぁまだまだくすぶっている問題は多々ありますのでいつそれが噴き出すかは未知数な部分はありますが、今年の後半にかけては上昇でとれる相場になっていくのではないかと思うところです。

トルコリラやアルゼンチンペソの急落がほかの新興国に悪影響が広まることや貿易関税の応酬で景気が後退する懸念もありますし中国に関しては崩壊の可能性もあります。利上げを嫌うトランプ米大統領と米連邦準備制度理事会(FRB)が対立する可能性もありますし考えだしだらきりがないですが、今はここまで耐えてきた投資家が利益をとれる相場になる、と思うところです。

もちろん別の悪材料で下落の可能性もありますし、思考ロックするのはまずいですが基本は上と見ていますのでこれからの上昇に期待したいと思います。

では、今週もお疲れさまでした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする