長期金利、金利変動幅許容により上昇

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長期金利、金利変動幅許容により上昇

今日の日経は、ドル円が112円と円安ドル高に振れたことや好業績銘柄に買いが広がったのを受け+192の22746円となりました。

長期金利、金利変動幅許容により上昇

日経平均株価

昨日の金融政策決定会合で金融緩和を継続するのを受けて為替は円安に進みました。また、長期金利も金利変動幅を許容したことにより0.1%を超える一時0.12%となりました。今回は指値オペを実施しませんでしたし黒田総裁は0.2%まではあり得ると説明していましたのでそれも金利上昇を手伝っているようです。

金利が急上昇となれば指値オペを実施するとのことですがそのタイミングが気になるところです。今回も急上昇ですが実施しませんでしたし一体どのレベルが指値オペのタイミングなのか。

金利の上昇はそもそも好景気を背景に上昇してくるのが一番良いと思いますし、この順番が逆になれば日銀の量的緩和も価値が薄れてしまいます。物価上昇も2%などは程遠いですし、来年は消費税増税もありますし金利の上昇は避けてほしいところですが。。

さて、今日は225が良い感じでした。金融緩和は維持ということで再び円安に振れて上昇の手伝いとなりました。23000円も、じき抜いてくるかと思いますが決算やFOMC、SQなどもありますし米中貿易摩擦、北朝鮮の弾道ミサイル開発、トランプの口先介入などいろいろ出てくると思いますので未だ強く抜いてくる感じではないかなと思うところです。

買い材料難なのが上昇につながらない理由の一つです。政治もグダグダですしなかなかきっかけがつかめないですね。挙げるとすれば高値期日を通過したことや、主力企業が好決算発表していることなどがありますので8月9月には期待したいです。

225は良いですが新興株は未ださえない感じですね。マザーズに投資している個人投資家は全体の60%を占めるので個人が盛り上がってこないとなかなか上昇とはなりませんね。信用買い残の高値期日は3月ぐらいですのでもしかしたら9月まで引っ張られるかもしれませんね。

いまいちぱっとしませんが方向は上という見解は変わっていませんのでこれからに期待ですね。ただ、素直に上がるとは思わないので回転を利かせての取引となりそうです。

では、お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする