実力以上のお金をいれないこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 実力以上のお金をいれないこと

今日の日経は昨日に引き続き米中の通商問題により足がかりが見えず安く始まりましたが、後場には期待買いにより買い戻され+3の22342円で終了となりました。

実力以上のお金をいれないこと

日経平均株価

今日も午前中はなかなか悲惨な相場となっていましたが、後場にかけて値を戻す銘柄もちらほら見えたのでとりあえず目先の安値はつけた感じです。

225は75日線と200日線に押されてしっかりとした動きですが新興株がひどいですね。マザーズは1月24日につけた1367から20%以上も下げて1073(6月26日)となっています。こう見ると1月に信用買いしている人を半年かけてふるい落としているように感じますね。株は行き過ぎるものですのでまだ下を見る可能性はありますが、それもあと少しの辛抱だと思うところです。基本売らされなければ勝てる相場だと思っているのでしばらくおもしろくないですが耐えるしかないですね。

NT倍率

NT倍率 日経平均 TOPIX JPX日経400 比較チャート(https://nikkei225jp.com/data/nt.php)

気になったのはNT倍率で、6月21日には1999年以来の12.963倍という高値をつけています。

NT倍率とは日経平均株価をTOPIX(東証一部に上場している全銘柄の指数)で割った数値です。日経平均株価は225と言われる通り日本を代表する上場会社225社の指数となります。NT倍率が高ければ225が買われすぎかTOPIXが売られすぎということです。

最近までは12.4倍から12.7倍ぐらいで推移していたのですが先週から12.9倍と異常な値となっています。なぜこんな数値がついているのかはよくわかりませんが、こういうことからも信用買いで実力以上のお金を入れている投資家は注意したほうがいいと思います。まぁただ、ここから下げるのは75日線も200日線も抜いていかないといけないですし、いろんな指標は売られすぎレベルにきているので大きく売られることはないと思いますが。

最近はNT倍率もそうですが、基準としている数値に変化が出てきているように思います。NT倍率は高値圏にきていますが買われすぎのレベルではないですし、EPSも基準となる14倍から16倍には当分入ってきていませんし、為替と日経平均の関係も崩れつつあり今まで基準としていた指標にも変化が見られます。

まぁなんにせよ余裕を持った取引をしていればこういう相場も比較的楽に見ていられるので実力以上のお金を入れないことは大事だなと改めて思います。

うまくいけば今日が安値切り返しかなと思いますのでこれからの相場に期待です。まぁ上値は重そうですが、、

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする