日米首脳会談1日目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日米首脳会談1日目

今日の日経は円高懸念が後退したのを背景に日米首脳会談も一日目が無事終了したのも後押しし、+310の22158円で終了となりました。

今日は約1か月半ぶりに日経平均は22000円台に回復しました。日米首脳会談の一日目が順調に終わり警戒ムードが緩和されての上昇となりました。17日には中国が自動車生産に関する外資出資規制を全廃すると発表して、通商問題も緩和されたようです。ただ、明日の日米首脳会談2日目はメインの通商問題について話される予定なので今日の上昇にそのままついていくのは危ういと思うところです。

まぁそのまま上昇すればいいですし、下がるなら押し目買いで対応していこうと思います。

下がるとしても、最近までは売られすぎていて売り余力があまり残ってない状況だったので下がっても一時的かなと思います。空売り比率もだいぶ落ち着いたので今週あたりから転換の兆しがでてきそうです。ただ、マザーズ指数などは昨日安値を割っているので様子を見ながら行動していけばいいと思います。

今週を抜ければ方向性が出てきそうな感じがしますが、今日みたいな高い日は利確をしたりポジションを減らしたりして行動していった方がいいでしょう。

空売り比率も落ち着いてきましたし、75日線を抜きそうなところまできて遅行線も顔をだしてきました。テクニカル的にも転換してきてるなと思います。

日経平均

とりあえずは明日のメインの日米首脳会談2日目をみてからの判断となりそうです。トランプ大統領は交渉ごとにおいて最初吹っ掛けて落としどころを探る常套手段が得意なのでどこに着地するのか、場合によっては再度下落もあると思いますが一時的だと思うので押し目買いスタンスでいけばいいと思います。

では、今日もお疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村