やっぱり実行したシリア空爆

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛んでいくお金

今日の日経はシリア空爆で地政学リスクがまた浮上しましたがシリア攻撃は1回で終わる可能性が高いという見解が広がり、買い戻しも増え+56の21835円で終了しました。

トランプ大統領は先週末にシリア空爆を示唆したつもりはない的なツイートをしていたのですが、やっぱり実行してきましたね。「任務は完了した」とツイートしていたようです。確かにしないとは言っていなかったのですが、シリア空爆の懸念が後退してからの実行ですから下げで終わるかな、と思っていたのですが、シリアの空爆は一回で終わる可能性が高いとの見解でさほど影響は出ませんでした。

今日の動きを見ていると今週個人が売らされて外資が買ってくる流れじゃないかなと思うところです。個人はだいぶ投げさせられているようです。今回のシリア空爆は6月の米朝首脳会談をも意識していると思うのでこのニュースでの下げは買っていけばいいと思います。買い場は今週中かな、という感じがしますがどうでしょうか。

トランプ大統領は「前言撤回」が得意なので、今回もやってくれましたね。

アサド政権に加担しているロシアとしては反発する場面ですが、あまり反発しすぎても国際社会から外されてしまうのであまり強くは言えないと思うところです。6月には米朝首脳会談があるので、大きく動いてはこないとは思います。

それにしても今日は新興株が悲惨な感じでしたね。新興株の決算時期は思惑で先行して株価が上がっているので好決算だとしても下がるイメージです。最近はポジションを減らしていってたのでまだましですが、私の銘柄も巻き込まれてます。

すでに上昇していて割高になっている銘柄や信用買い残が多い銘柄が顕著に売られている感じでした。

180416_マザーズ指数

マザーズ指数は3月26日につけた安値をわるかどうかぐらいの位置につけています。この感じだと割りそうな感じですがしばらくはこの下値ラインと25日線の攻防となりそうです。

注目は今週の日米首脳会談だと思っているのでそこに注目していこうと思います。米国は北朝鮮の拉致問題を餌に日本の貿易に食い込んでくると思うのでどこに着地するのか、見極めていこうと思います。

苦しい場面が続いていますが、売られすぎているところは押し目買いで対応していけばいいと思うので押し目のチャンスとして今週は動いていこうと思います。

では、今日もお疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村