米中貿易摩擦が市場に与える影響は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日経上昇

今日の日経は米中貿易摩擦懸念や円高懸念が後退し、+325の21,645円と続伸で終了となりました。

中国は4日米国の関税への報復措置で約500億ドル(約5兆3000億円)相当の米国から中国への輸入品に最大25%の追加関税計画を発表しました。

これにより昨日の米国の株価は安く始まりましたが、昨日も書いた通り中国は事を荒げたくはないはずなのでこの問題はそこまで警戒する必要はないと思います。

米国の名目GDP20兆ドルに対し500億ドルの関税が世界に与える影響はさほどなく、中国の関税のかけ方もアメリカに輸出している全体の7分の1程なので少し遠慮気味かな、と感じます。

昨日発表の米国雇用統計も予想の21万人に対し24.1万人と堅調でしたし、

非製造業総合景況指数は少し低下となりましたが、水準は高いままなのでさらに問題なく、昨日の米国株価は上げ幅を広げました。

参照:Yahoo!ファイナンス

空売り比率も2か月以上ぶりに38%台に下がりました。

大分落ち着いてきてます。ただ、このまま上昇か、というと簡単には上昇とはならないとは思うので、もみもみしながら上がっていくことになるのかな、と思います。

今日は投資主体別売買動向も更新となりました。

やっと個人と海外が逆転しました。結局個人が海外を11周連続で上回り終了となります。このまま差が開いてくれるとさらにいいのですがとりあえずは買い転してくれてほっとした感じです。来週また売りに転じるかもしれませんが、とりあえずは一段落です。ただ、先物は売っているようなので安心はできませんが、、

あとなにか買い材料でも控えていればいいんですが、なかなかそれが見当たりません。まぁ相場はわからないぐらいが上がっていくと思うのでなにか強烈な下げ材料が出ない限り上だと思います。現在日本のPERは12.7倍と割安なので普通に考えれば買いでいけるので過剰な心配はしすぎないほうがいいかなと思うところです。

明日は金曜となるので弱い展開かもしれませんが、来週の上昇に期待したいと思います。

では、お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村