人の行く裏に道あり花の山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の日経は明日のFOMCを前に-99の21,380円と軟調な様子見で終了となりました。

明日、明後日はFOMCとなり、パウエル新議長初のFOMCとなっています。

サプライズがなければ、おそらく0.25ポイントの利上げと2018年に見込む利上げ回数は3回となる見通しです。昨日も書いた通り、2月の下落を気にしているFOMCメンバーもいると思うのでサプライズの確率は低いかなと思っている次第です。

また、今回の利上げは織り込み済みだと思うのでこの通りの結果となれば徐々に上昇に転じていくのではないかと思っているところです。

また昨日の米国ではフェイスブックの個人情報漏洩で-6.77%と大幅に下落していました。日本株も連れ安となった形となるので今日の下げはあまり気にならないですね。逆に今日の株価はしっかりしていたので、今週までは弱いかもしれませんが、来週に期待したいところです。

日本の注目は森友問題ですが、昨日も書いた通りメディアが煽りたてているので過剰に反応しないようにしていきたいところです。また、佐川前国税庁長官の証人喚問が27日の午前9時半から行われるそうです。それまでメディアは煽ってくるでしょうが、やはり麻生財務相の首がどうなるかまでであり政権交代だとかそこまでには至らないと思います。なのでもし下落があったとしても、一時的なものだと思って行動していきたいところです。

空売り比率は依然高い水準ですが、これも次第に解消されていくものだと思います。個人も弱気な意見を言っている人が増えてきたのでいい感じになってきたんじゃないかなと思います。最近個人は強気で買ってきていましたが、やはり、個人の強気は勝てる見込みが薄いです。個人が弱気になってきたら買う、これだけでも勝率が上がる気がします。「人の行く裏に道あり花の山」という株の格言がありますが、人と同じことをしていても勝てません。こういう弱気な相場の時ほど勝てるチャンスがあると思います。ここで売っているようでは、右向け右の負け組の一部になるんだろうと感じます。

まぁただ、そこまで全力で買いに行ける相場じゃないので押したら買う、吹いたら売るのスタンスでいきたいと思います。

明日は春分の日で休みなので、ゆっくり休んでください。お疲れさまでした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村