森友学園で下落、押し目買いが吉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日の日経は森友問題の影響をうけ-195の21,480円で終了となりました。

共同通信が17、18日に実施した全国世論調査内閣支持率は38.7%、不支持率は48.2%だったということで、5か月ぶりに支持率が不支持率を下回りました。まぁしかし、政権交代とまではいかないでしょうし、森友問題も1年前からの問題でありますしこれらの下げは押し目だと思って対応していけばいいと思います。

野党がもっとちゃんとしているならもっと前に政権交代しているでしょうし、いっても麻生財務相の辞任までであり(それも安倍政権には痛手でしょうが)しばらくすれば収まってくるんだと思います。今はメディアが煽っている状態だと思うのでこの下落は買っていこうと思います。

内閣支持率がさらに下落していけば不安定な政治を嫌う外資はさらに売ってくるでしょうが、その可能性は低いんだろうと思います。一応可能性の一つとして考えておこうとは思います。

どちらかというと気になるのは20、21日のFOMCです。パウエル議長の新体制初のFOMCとなり、その利上げペースに注目です。おそらく、2月の金利上昇による株価の急落を意識していると思うので年3回の利上げで決まるんじゃないかと思います。ここで年4回の利上げのサプライズがあれば、さらに不安定な相場になるでしょう。

政策金利見通し「ドットチャート」も注目です。

参照:米FOMCでのFF金利予想状況と今後の見通し

2017年12月の予想は長期見通し:2.75%(2.783)だったので、この数字が3%になるのかどうかも注目です。3%となれば米国の10年国債利回りに上昇余地が出てくるので注意が必要です。

今の相場はその様子見相場であり、調整ぐらいの動きなので過剰に森友問題に反応はしないほうがいいと思います。

4月はファンドが買い越してくる可能性が高い月なので3月後半から4月は上昇に転じると思います。今は安いとこは買って吹いたら売るスタンスで回転を意識してトレードしていきたいと思います。

新興株の下落がつらいですが、待望の押し目だと思って行動していくのが吉でしょう。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村