材料が出てから動くのは遅い

シェアする

材料が出てから動くのは遅い

今日の日経は、ブレグジットや米中通商協議などを前に方向感が出ず+40の21,802円で終了となりました。

材料が出てから動くのは遅い

日経平均株価

今日も昨日に引き続き方向感のない展開でしたね。東証一部の売買代金も2兆円割れとなっており元気のない一日でした。

寄付きでは2024年前半に新紙幣を一新するとの報道があり6418日金銭や券売機大手の6424高見サイ、現金の払い戻し機を製造している6457グローリー、6504富士電機、6703OKIなど関連株が買われていました。寄付き後は利益確定売りや短期の空売り狙いで寄り天となった銘柄が多かったようです。

千円札の図柄は北里柴三郎、5千円札は津田梅子、1万円札は渋沢栄一となるようです。

まぁ新しい紙幣になれば旧紙幣は金融機関で交換する必要があり、表に出せないお金なども切り替え前に使われる可能性もありそれが需要となりえますのでいい傾向にはなるかと思います。

前日の米国株はボーイングが下落したこともあり小幅下落となっていましたが、ナスダックは高値更新していましたしまだまだ27,000ドルは挑戦していくのかと思います。

日本株も高値に挑戦していってほしいですが今日は200日移動平均線に押された形で方向感も定まらないようですので米国株が上昇となれば22,000円も見えるのかな、とは思います。

ただ、22,000円前後の価格帯は重たいと思いますのでもし超えたとしても強く上昇することはないのかなとは思います。

今週末はSQですし、来週15日からは日米通商協議が2日間行われここで厳しい条件などを出されると下押し要因になるでしょう。

米国ペースで進んでいくと思いますし、ここ前後から調整になる可能性はあるのかと思います。

GWもありますし、誰しもが持ち越したくないとは思っているのでそれに向けての売りも出てくるでしょう。

まぁなんにせよ動きがでてこないと方向感も出てこないですし動いてからですかね。。

個別ではデイトレ銘柄の6190PXBは残念ながら下落していましたが、3667enishがそれ以上に上昇となってくれていたのでまだよかったですね。まぁ少し微妙な紹介となってしまいました。

材料が出てから動くのは遅すぎる

最初は材料で一喜一憂する方が多いと思うので、その材料の話を少し書いておきます。

大衆投資家は動くのがとにかく遅いです。株は1ヶ月後、3ヶ月後、半年後と先を織り込んで動いています。最近は一般の投資家でも適時開示などで情報を迅速に手に入れることができます。

なので、一般的に公開される情報を手に入れるのに格差はありません。ですが、ニュースや記事などで情報を手に入れているならばかなり遅いです。

ニュースや記事などのメディアは一般的に公開された情報を元にニュースや記事にしています。みんなが知っていることで注目されたものを公開しているだけなのです。

そしてそれはもうすでに株価に織り込まれています。しかし、なぜかニュースや記事が出るとそこで買おうとする投資家が後を絶ちません。

それはかなりリスクのある行為だと思いますし、好材料のニュースが出たから買いではないのです。

逆で、好材料が出たから売りなのです。

もちろんそうでない場合もありますし、出たら下がると言っているわけではありません。ですが、ニュースや記事でいいことが書かれているから買おうと思うのはかなり的外れで、そこから上がるか下がるかは時の運です。

それにメディアも正しいことばかり報道しているわけではありません。グレーなところも報道の仕方によって見え方が全然変わってきますし、報道した方がいいと思うことでも報道されないことなども多々ありますのでメディアが常に正しいとは思わないことです。

株の掲示板などはさらにたちが悪いです。掲示板にコメントしているのはほとんど株の初心者から中級者までで書いてある情報もあっている保証はありません。

ただ煽りたいだけの人もいますし、半分以上はその銘柄を持っていない人がコメントしているのだと思います。そのやり取りを楽しみたいなら利用すればいいと思いますがそこから情報を得ようとするのは少しずれています。

なぜならそこに書いてある情報が正しいのか精査しなければいけませんからね。

そして精査できる人というのは掲示板など見なくても自分で調べる能力を持っています。そんな人がわざわざ掲示板に優良な情報をわざわざコメントするのでしょうか?

もちろん正しい情報も混じっているでしょうがそれを見抜く力があなたにあるのか考えてみましょう。

やはり情報というのはまずは自分で調べてみるということが大事ですし、それを繰り返していけば洗練されていくのかと思うところです。

難しい相場が続いていますが、いつでも売りに切り替えていけるよう警戒しながら余裕を持った投資をするのがいいかと思います。

では、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村