3月期企業の権利付き最終売買日

シェアする

3月期企業の権利付き最終売買日

今日の日経は、前日の米国株高と機関投資家の配当再投資などを見込んだ短期的な買いもはいり+451の21,428円で終了となりました。

3月期企業の権利付き最終売買日

日経平均株価

今日は最後までしぼむことなくなかなか良い感じでしたね。

今日は3月期企業の権利付き最終売買日ということもあり大幅高でしたがそこまで方向性は見えてきません。

機関投資家などは保有銘柄の配当金で配当再投資をしていきますのでそれを狙った短期筋の買いも入っているでしょうし、明日以降どういう動きになるのか注目ですね。東証一部の出来高は17億4104万株、売買代金は3兆2338億円でした。

東証一部の銘柄の2000銘柄以上の上げとなりましたが、配当の権利付き最終売買日ですので安易に上という見方はしにくいでしょう。

ここら辺までは上を見ていましたので良いのですがこれから先世界的なリセッションも見え隠れしており中国に至っては明確に、EU各国でも経済指標の悪化が見られますしどんどん余談のできない状況になっていくことかと思います。

日本も世界的景気後退かと言われている中消費税増税を実行しようとしているのですからこのまま消費税増税を進めれば景気が後退していくのは濃厚かと思います。

景気後退となれば現在日銀では異次元緩和の真っ最中で金利も0.1%程度ですので金利を下げることもできませんので、金融緩和という策は使えません。日銀はその状態になったらどういう策を出してくるのでしょうかね?

今年はショック級の下落もあり得る状況になってきているかと思いますしポジションは考えて構成するのがよさそうです。きっかけは消費税増税か、中国か、EU辺りか、この場所とタイミングは都度見て反応していかなければなりませんので私もわかればブログに載せていこうと思います。

デイトレ空売り銘柄

条件:売り

期間:デイトレ

3667 enish

4751 サイバーエージェント

ではお疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村