FOMCや春分の日を前に様子見相場

シェアする

FOMCや春分の日を前に様子見相場

今日の日経は、引き続きFOMCや明日の休日を前に様子見ムードで盛り上がりに欠けましたが、後場には買い優勢となり+42の21,608円で終了となりました。

FOMCや春分の日を前に様子見相場

日経平均株価_株知識

今日は225がお休み状態でしたが材料株が良く動いていた銘柄が見られましたね。

今日の深夜には米国でFOMCがありそれを控えての明日は春分の日で休みとなるのでもう少し弱いのかなと思っていましたが意外としっかりでした。

FOMCでは今年の利上げ回数は1回か0回となるかと思いますが、市場は思ったよりもハト派の意見が多い感じが伺えます。

利上げが0回もしくは利下げとなる見通しの意見が多いので利上げ1回という結果となれば一番市場に影響がありますので注意が必要です。

また、バランスシートの縮小時期も発表される見通しで今年の10-12月になる可能性が大きいようです。

また、来週25日からはライトハイザー通商代表部とムニューシン財務長官が北京に訪問し米中通商協議が最終段階に入るようです。合意は予定されていた3月末から4月中となる見通しのようですが、前々から書いていますがこの合意に過度な期待は禁物かと思います。

トランプ大統領は合意は順調に進んでいると発言していますがあれはライトハイザー氏への焚き付けとも感じますし、まだまだ食い違う点も多々あると思いますので合意になるにはまだまだ難航するかと思います。

そもそもこの米中通商協議は両者がwin-winとなるものではなく、勝者は米国のみとなるものですので、注目となるのは米国がどのように勝つかとどのように中国に約束を守らせるかなのです。

そもそも約束を守る国ではないですし、中国にとっては負け戦なので最後までダメージを軽減できるよう着地点を模索するはずです。この前の米朝首脳会談の時のように首脳レベルで決裂となる可能性もありますし少なからず楽観はできないかと思うところです(まぁこんだけ引っ張って決裂は最悪ですが)。

まぁそれでも相場は今月は期待感からの上昇ともなっていますし、まだまだ買いでとれる相場でしょう。いずれ下げる時は来るかとは思いますが、それは今ではないでしょうし材料株も面白くなってきていますので引き続き上昇に期待です。

では、明日はお休みになりますのでまた明後日、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村