人の行く裏に道あり花の山

シェアする

人の行く裏に道あり花の山

今日の日経は、前日の米国株が堅調だったこととアジア株も上昇となっていたことなどもあり+163の21,450円で終了となりました。

人の行く裏に道あり花の山

日経平均株価

今日は週末となりますが意外としっかりでしたね。今日の日銀による金融政策決定会合では景気判断を下方修正したこともあり為替は円安となっておりその影響で外需関連株も高くなっていました。金融政策には変更はないようです。

景気は緩やかに拡大している、との見解ですが世界的に景気減速は中国や欧州などは顕著に表れていますので特に日本は中国の影響が大きいかと思いますので日本にもその懸念は残ります。

この前も書きましたが、問題なのは景気減速した時に日銀にできる金融政策はあまりないということです。現在日銀は異次元緩和真っ最中ですので金利も0%程度で推移しています。

景気減速となれば、米国などは金利を上昇させてきていましたので金融緩和を実行し金利を下げるなどして景気の底上げなどができますが、日本は現在緩和しきっている状態ですのでその策はほとんど使えません。

この世界的に景気減速となりそうな中、10月には消費税増税もあるのですから日本はだいぶ厳しくなるかなと思います。

増税も延期や凍結となれば株価も上昇に期待できるでしょうがやはり増税はネックになるでしょうね。増税も5月程には本格的に決定かどうか発表はあるかと思います。最近は上昇とはなってきていますが、それも叩き落すための上昇かもしれませんしそれでなくても欧州はリセッションが顕著ですし、ブレグジッド、米中通商協議などどこで悪材料が出てくるかわかりませんので警戒はしながらポジションは無理のない範囲で余裕を持たせた取引をするのがいいかと思うところです。

今はみんなが警戒しているかとは思いますが、ブレグジッドが延期となり米中通商協議なども結果が良くなりそうな記事が上がったりするなどして警戒心が緩んだ時などが一番下落となることが多いのです。

弱気一色は買い信号という言葉もありますが、逆に言うと強気一色は売り信号となります。今は弱気が強気を少し上回っているぐらいかなと思いますが、これがみんな誰もが強気となった時はかなり危険な状態となる時が多いです。

株は所詮みんなと同じことをしていても勝てないのです。「人の行く裏に道あり花の山」、道がないと思えるようなところに実は利益が取れるチャンスがあるのかと思うところです。

では、今週もお疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村


コメント

  1. 筑波山の仙人 より:

    春も本格化してまいりました今日この頃、筑波山の梅の花も爛漫の感が致します。正に「人の行く 裏に道あり 花の山」の格言をもう一度かみしるに相応しい今日だと思いました!(初心者の方はまずこちらを・・・のページを久々に読ませて戴きました(^^))北朝鮮問題発生、英国の離脱問題、改元や消費税などの国内問題などを抱えた状態で3月期決算会社の権利落ちが近づいて参りましたが、権利落ち分を即日埋められるかどうかが気になってしまいます。先日のネットのニュースで、ジム・ロジャーズ氏が「日本は借金が増加して、人口は減少するので、50年後は消滅する」と言いましたが、そんな遠い未来には私中年のオジサンになってしまいますから(^^)とりあえず考えるのは止めた次第であります。好季節に株知識様の見通しが益々のご活躍を続けられますよう期待させて頂きつつ、ぬるっぽい5・7・5を書かせて戴きまして失礼させて頂きます。  「梅の山 花粉症でも 平気です」 「人の行く 裏道は険しい 筑波山」 「アホ電に オレの5・7・5を 聞かせたる(^^)はよ逃げる?」 「TVドラマ 最終回の 多いころ」 「10連休 嬉しくもなし トレイダー」

    • kabuchishiki より:

      <筑波山の仙人さん
      コメントいつもありがとうございます。
      そうですね、配当落ち日も近づいてきていますが配当狙いの買いも入ってきているかとは思いますので上寄りの推移を期待しております。
      いろいろ問題は多いですが、目先は上昇、先々は下落としてポジションを調節しながら取り組んでいこうと思います。