少し違和感

シェアする

少し違和感

今日の日経は、全人代で中国の2019年の経済成長率目標が引き下げられたことなどをうけアジア株が弱含みとなり、また前日の米国株も軟調だった影響をうけ-95の21,726円で終了となりました。

少し違和感

日経平均株価

今日は12月の米経済支出が予想の0.2%から-0.6%に落ち込んだことをうけた米国株の流れを引き継ぎギャップダウンで始まった日本株ですが、やはり上値は重そうな感じですね。

経済支出に関しては政府機関の一部閉鎖などもありましたのでそこまで気にすることないぐらいかとは思いますが、やはり追加の材料がなければ22,000円を越してくるのは難しい気がします。

今週末のメジャーSQに向けて22,000に乗せてくることもあるかとは思いますが通過後の上昇には少し疑問が残ります。

今月の27日には米中首脳会談が控えていますが、合意となる可能性もあるような報道も出ていますし、雰囲気的に合意しそうです。ということは、株価に合意する可能性を織り込んでいることになりますのでここで何のサプライズもなく合意となれば出尽くしとなりそうですが。

ただ、海外勢は先物を買い越していて個人は先物も現物も売り越しですのでもうしばらくは上昇が続きそうな気もします。まぁ強烈に買ってはいないのでどっちつかずではあるのですが、今の値位置はとても中途半端で手が出しにくい状況ですね。

なのでやはり今は主要株よりも材料株をメインに取引するのがいいかと思います。SQ前でもありますし、様子見でもいいかと思いますが、回転を利かせて取引するのがいいでしょう。

今日の午前から始まった中国の全人代では2019年の経済成長率目標を6-6.5%と引き下げを発表しました。同時に付加価値税(VAT)の引き下げも景気減速策として発表しました。 VATは付加価値税といわれますが日本でいういわゆる消費税ですね。これを3ポイント引き下げとなりました。

手がつけにくい相場となっていますが先々は下げとし、目先はどこまで上昇するのか様子を見ていこうと思います。

まぁ急落するようなことはないかとは思いますが少し違和感を感じますので、無理な取引はしないほうがいいでしょう。

デイトレ銘柄

条件:買い

期間:デイトレ

2397 DNAチップ研究

4570 目ね機生物研究所

では、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村