米中通商協議のため様子見

シェアする

米中通商協議のため様子見

今日の日経は、次官級、官僚級の米中通商協議が今週行われるため様子見相場ですが円安などの追い風もあり+128の21,431円で終了となりました。

米中通商協議のため様子見

日経平均株価

今日は空自戦闘機が山口県沖に墜落と聞いて撃ち落とされたのか?と思いましたが事故だということで隊員も無事ですので良かったですね。

さて、今日は昼休み中に米国の夜間取引でS&P500株価指数先物などが下落しその影響をうけ値を消す場面もありましたが後場には盛り返してプラス引けとなりました。

引き続き米中通商協議への期待で、、、、といつも書いているのでここらへんは前の記事を参考にしてください。

言えることはあまり期待しない方がいいかなということですね。もちろん期待もあるので何かしらの合意はあるのかな、という感じがしますが、こればかりは蓋を開けてみないとわかりませんしみんなが良くなると感じてきているのなら注意が必要かと思うところです。

基本的には米国が有利になるような合意になるかと思いますし、逆に有利にならなければ合意とならずに関税発動するだけですのでそう思います。

厳しくなるのは中国の方ですので、中国関連は注意が必要でしょう。

中国は合意となっても不利となるので厳しくなるでしょうし、合意とならくても関税発動で2,000億ドル相当の輸入品に25%の関税がかけられますのでさらに厳しくなります。中国の課題はどうやるのが傷が浅くなるのかということで四苦八苦しているのかと思います。

関税発動対策としては、中国は為替操作がありましたが先日米国から人民元相場の安定維持を要求されていますし逃げ道を潰されていっている感じですね。

個別では昨日の空売り銘柄は3837アドソル日進と6274新川がともにマイナス引けとなりました。こちらはデイトレですのでコツコツ利益を重ねていければいいのかと思います。

引き続き上昇に期待していきましょう。

では、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

にほんブログ村 株ブログへ

こちらもよろしく

にほんブログ村