不信任案を僅差で否決

シェアする

不信任案を僅差で否決

今日の日経は、前日の米国株高や円安の影響もあり高く寄り付きましたが利益確定売りに押され-40の20,402円で終了となりました。

不信任案を僅差で否決

日経平均株価

今日は小幅安となりました。売買代金が1兆9778億円と2兆円割れと小商いでしたので個人の売りが多かったのかなという印象でしたので方向性はわかりにくいです。

英下院は16日、メイ内閣に対する不信任案を僅差で否決となり21日までに議会に合意修正案を提出することとなりますが、離脱を巡る政治の危機的状況は続いておりここからは先行きも不透明となっています。

合意案が承認されなければ英国は3月29日に合意なしの離脱となりますのでその場合リセッションの可能性が高くなるためポンド急落や住宅価格急落などが考えられるため警戒は必要でしょう。

今日はそんな英国を見据えての様子見相場だったのかなと思いますが、マザーズなどは思いのほか上がっていましたね。個人が今日は多かったと思いますのでそのせいかとは思いますが昨日も書いた通りマザーズ指数930あたりは転換ポイントかと思いますのであまり今日の上昇で買っていきたくはないです。

3月は先ほど書いたブレグジッドや米中通商協議の期限が2月末までだったり円高の為きびしくなるだろう決算時期などありますのでその前後は厳しくなりそうですがそれまでは買いで立ち回れるかとは思いますのであせらず押し目を買っていけばいいでしょう。

また、米国の一部政府機関の閉鎖がまだ続いていますね。すでに閉鎖は過去最長となっていますがいつまでも閉鎖しているわけにはいかないでしょうしあまり気にしなくていいでしょう。現場の職員なんかはたまったものではないでしょうですが、、

全体的にですが、225は引き続きじりじりとした展開かと思います。そうなれば材料株に期待したいところですがそろそろ押し目もあるでしょうしそこを待って取引していこうと思います。

では、お疲れ様でした。

株初心者の方はこちらも

株の初心者の方が最初に考えてほしい4つのことを紹介します。株に勝つためには大事なことなので覚えておきましょう。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村