株の基本的なポイント

シェアする

株の基本的なポイント

今日の日経は、先週末の米雇用統計や今年のFRBの利上げペース鈍化観測などをうけ大幅高となった米国株をうけ+477の20,038円と大幅高で終了となりました。

株の基本的なポイント

日経平均株価

今日は寄り付きからは高かったですが引けにかけてじりじり安くなる展開で少しいまいちでした。

先週末は米雇用統計が発表され非農業部門雇用者数変化が予想17.7万人の結果31.2万人、失業率が予想3.7%から結果3.9%、平均時給が予想0.3%から結果0.4%と失業率は少し予想より悪かったものの非農業部門雇用者数変化が大幅に上昇となり平均時給も予想より上でしたのでこの結果をうけリセッション観測が後退したようです。

まぁもともと米国は今年リセッション(後退)は少し悲観過ぎる気がしますし景気減速ぐらいに考えているので当面は12月26日につけた安値が底になるのではないでしょうか。

FRBも今年の利上げに対しては慎重になる姿勢ですし、今年は消費税増税もあるし米中貿易摩擦や欧州の問題などで日本株は安くなる!とみんなが思っている状態なので意外としっかりとした相場になるかもしれません。

為替も3日にフラッシュクラッシュがありましたがじりじりと円安となっていますし225も19,000円は当面底になると思います。しかしながら、今週末のSQに向けての上昇かもしれませんので上値を追うのは少し怖いでしょう。

騰落レシオ(25日)はまだ低水準ですが、空売り比率は依然として47.7%と高いままとなっていますので目先戻すとは思っていますが警戒は必要になります。

大型株はじりじりとした展開になるかもしれませんので、材料株に期待したいですね。

株は結構天邪鬼なのでみんなが下がると思っていると意外に下がらないものです。このブログでも何回か書いていますがみんながやばいと思う時が底で実は買い場だったということが株では多々あります。

最近で言うと去年のクリスマスは225が1,000円超下落というきつい下げでしたがそこは買い場でした。ブログでは買いとしましたがああいうのを見逃さずにいけば利益は得られるのです。あの下落でやばいと思って売るのは最悪でそれではいつまでも勝つことはできないでしょう。

信用取引で追証が出て売らないとしょうがなかった人もいるかもしれませんが、だから現物取引の方がいいのです。あの下落で買いたいから買付余力に余裕を持たせているのです。ただ、いつああいう下落が起きるのかという予想難しいです。なので投資家は対応する準備をしておく必要があるのです。これは株の基本的なポイントですのでそこを理解しなければ株で勝つのは厳しいかと思うところです。

目先は上昇にも期待できますので回転を意識して取引をするのがいいかと思います。


では、お疲れ様でした。

株初心者の方はこちらも

株の初心者の方が最初に考えてほしい4つのことを紹介します。株に勝つためには大事なことなので覚えておきましょう。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村