日経平均大幅下落、買い場は近い?

シェアする

日経平均大幅下落、買い場は近い?

今日の日経は、米中の通商問題による米景気減速懸念などにより先週末米国株は下落、その流れを引き継ぎ日本株の幅広い銘柄に売りが入り-459の21,219円で終了となりました。

日経平均大幅下落、買い場は近い?

日経平均株価

なかなか下げがきついですね。買い場は近いとは感じていますが少し手が出しづらい状況です。このままいくと21,000円割れもありそうですので買うとしたらそこらへんかと思いますがあまり強気でかいたいとは思えません。ぎりぎり21,000円は割れないと思っているのですがどうでしょうか。

明日は欧州連合(EU)離脱合意案の採決がありますので少し様子見が強いとは思っていましたし今週頭までは下げの場面があると予想していましたので予想通りではあるのですがやはり下げるとあまり気持ちよくはありませんね。

しかしながらまだ売りのクライマックスとは思いませんし、株は思っているより行き過ぎるものですのでその動きが出れば買っていこうと思います。

やはりファーウェイの幹部逮捕が悪材料として余計に入ってきているので思ったよりも下げています。日本は米国にならってファーウェイを取り扱わないようにとしていますね。ファーウェイ製品を取り扱っている企業は多くこれを交換するとなると結構な減益の要因ですし、欧州などもひどい状態でそこからも悪材料が出てくるのも遠くないでしょう。米中の通商問題などもおそらく中国が敗北して終わるでしょうしそれにより中国崩壊までいくと中国に進出している企業が多い日本も巻き込まれます。日本は来年10月に消費税増税も控えていますので来年も難しい相場になるのではないかなと思っているところです。

米国では対中強硬派のライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が期限厳守しなければ2,000億ドルの追加関税引き上げを決行するとしていましたしやはり90日以内で合意は動かなさそうです。そして90日で中国が米国を納得させるだけの合意を得られるかどうかはできない方が確率は高そうですしそうなれば中国はさらなる冷え込みを見せるかと思います。

まぁそんな中でもやりようはありますし対応できればいいのですが買いだけで考えると少し難しいのかと思います。来年には空売りなども考えていった方がいいのかと思うところです。

では、お疲れ様でした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村