中国ファーウェイのCFOがカナダで逮捕、米中関係の悪化も懸念

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中国ファーウェイのCFOがカナダで逮捕、米中関係の悪化も懸念

今日の日経は、中国ファーウェイのCFOがカナダで逮捕されたとの報道があり米中関係悪化懸念が浮上し-417の21,501円で終了となりました。

中国ファーウェイのCFOがカナダで逮捕、米中関係の悪化も懸念

日経平均株価

悪材料が出てきましたね。カナダ当局は中国の通信機器大手「華為技術(ファーウェイ)」の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)を1日に逮捕したとのことです。これにより中国のハイテク産業への悪影響が懸念され半導体関連株などが下げているようです。また、米中関係の悪化も懸念されこれを嫌気した売りが膨らんだようです。

逮捕が1日とのことですので、今週からの下げはこの情報を事前に得ていたところの売りだった可能性が高いです。

日本株は一時600円超下げる場面もありましたが、事前に押し目を待っていた状態でしたので下げるのは歓迎するところです。ですが、来週初めぐらいまではまだ押す場面も見られるかもしれませんのでじっくり引きつけて買いを考えていきたいですね。3日の上昇の時には買いは3日待ったほうがいいとしていましたがまさにその通りとなりましたね。

ここからは上で利確している分できるだけ下で買えるように模索していこうと思います。全体的にはこれでダメになってしまったわけではないでしょうし無理をせずに押し目買いがいいかと思うところです。

また、米中の関係悪化も懸念され、最悪、先週米中首脳会談で90日間関税発動が見送りとなりましたが交渉決裂となる可能性も少しあるかと思いますのでその点も少し注意が必要かと思います。

少し悪材料により押しが強いので来週頭ぐらいまでは様子見かなと思いますが、安いところは押し目買いを見て相場を見ていこうと思います。

では、お疲れ様でした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする