米中貿易摩擦、合意の内容は、

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米中貿易摩擦、合意の内容は、

今日の日経は、米中首脳会談の緊張緩和をうけ大型株を中心に買いが入り+223の22,574円で終了となりました。

米中貿易摩擦、合意の内容は、

日経平均株価

注目の12月1日、アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたG20閉幕後の米中首脳会談が終了しましたが、結果的には中国が追い詰められた形になったかと思います。

主な合意としては、①来年1月から発動する予定だった米国から中国への追加関税拡大に対し90日間の猶予期間を与えました。これにより中国は3月までは追加関税拡大は行われません。②ただし、90日以内に「強制的な技術移転、知的財産権の侵害、サイバー攻撃」などの5分野で改善が見られなければ追加関税発動。③中国は米国産の農産物やエネルギー、工業製品などを購入。④中国がかつて反対した米半導体大手クァルコム(Qualcomm)によるオランダの半導体大手NXPの買収承認を前向きに検討などの合意がありました。

中国としては関税発動を90日間遅らせたことはプラスでしょうが、それ以上に米国からの要求がでかいので正直米国からの関税発動を回避できないのではないかと思っています。市場では確かにしばらくは貿易摩擦に対する下落の可能性は少なくなったかと思いますが根本的な解決とはなっていませんので引き続き警戒は必要かと思うところです。

まぁ最悪の交渉決裂とはならなかったのでとりあえずは一段落というところでしょうか。

今日は株高とはなりましたが今週からはソフトバンクのブックビルディングも始まりそれに対する換金売りも出てくると思いますので押す場面は出てくるだろうと思います。どれほどの影響が出るかはわかりませんがそういう押す場面は買いでいけばいいかと思います。

騰落レシオ(25日)も120を超えてきていますし大型IPOもありますので今週どこかで一服すると思いますので買うならそのタイミングを待って買っていけばいいかと思います。こういう場面で買っていくといわゆる高値掴みとなってしまう可能性がありますので注意が必要です。買いは三日待てと言いますが買いは少し遅いぐらいがちょうどいいのです。焦らなくても押す場面はあります。

今日は保有銘柄も上昇が目立ちました。6182ロゼッタも高値を目指しそうですし3182オイラ大地は年初来高値となりました。6235オプトランや2160GNIもいい感じですし12月はいいスタートを切ったのではないでしょうか。12月は毎年上がりやすい月となりますので期待してみていこうと思います。

まぁしかし前述したとおり大型IPOもありますので押す場面があるとして行動していくのがいいかと思います。今日みたいな上昇は利確だけ考えればいいでしょう。

では、お疲れ様でした。

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村