米中首脳会談、なにかしらの合意はあるのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米中首脳会談、なにかしらの合意はあるのか

今日の日経は、米中の貿易交渉を巡る何らかの合意が生まれるとの期待観測から買いが広がり+224の22,177円で終了となりました。

米中首脳会談、なにかしらの合意はあるのか

日経平均株価

今日は強かったですね。11月30日、12月1日にアルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)サミットに合わせて12月1日に行われる米中首脳会談でなんらかの合意が生まれるとの期待で上昇となっているとなっていますが、先日も書きましたがあまり楽観視はできないかと思います。

来年の1月1日から、2000億ドル(22兆6000億)相当の関税を引き上げるとしていますが、トランプ大統領は米中首脳会談で貿易について何らかの合意が得られなければ残り全てに関税をかけること示唆していましたので確かに中国としてもつらいと思うので何かしらの合意はあるのかもしれません。

わたしも米中首脳会談後は上昇とみていますが、その前に上昇となってきていますので明日も上昇となるようなら少しポジションを整理しておけばいいかと思うところです。

週末はリスクオフとなるかと思いますし調整するならこういう上昇で調整していけばいいかと思います。現在米国は中国の停戦よりも貿易戦争に対しての準備を進めていますし、そこまで楽観できるほどではないかと思いますので再度の押しは警戒しておいた方がいいでしょう。

まぁですが、押しても21,000円前後かと思いますしその時は買い向かえばいいだけだと思います。

材料株はなかなか面白くなってきましたし上昇に期待ですね。再度押す可能性はあるのでこの上昇での買いはないですが、利益が出ている銘柄などは一部利食いなどを入れて押し目に対応できるようにしておけばいいかと思うところです。

では、お疲れさまでした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする