米中間選挙、8年ぶりに民主党が下院を奪還して「ねじれ議会」に

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米中間選挙、8年ぶりに民主党が下院を奪還して「ねじれ議会」に

今日の日経は、米中間選挙がコンセンサス通りの結果となり取引終了にかけ手仕舞い売りが広がり-61の22085円で終了となりました。

米中間選挙、8年ぶりに民主党が下院を奪還して「ねじれ議会」に

日経平均株価

米国での中間選挙は午前中は共和党優勢ということで買いが広がった場面もありましたが、上院が共和党、下院が民主党の「ねじれ議会」となりましたね。8年ぶりに下院を民主党が奪還しましたが、これは市場の予想通りであり相場は織り込み済みの材料ですので手仕舞いの売りが広がっての終了となりました。目先はイベントが無事通過したことによりアク抜けての上昇もあるかと思いますが、まだまだ中国や欧州などの問題もありますので警戒はしておいたほうがいいかと思うところです。

「ねじれ議会」となりましたので、もちろんトランプ大統領にとっては法案が円滑に成立しなくなる可能性がありますので痛手となります。今回の選挙はトランプ大統領を国民が認めているのか、という選挙でもありましたし、公約の中間層に対する減税策などは遠のきました。民主党は弾劾手続きをする可能性もありますし米国株は調整に入るかと思います。

また、中国との貿易摩擦懸念は激化する可能性があります。昨日も書きましたが、下院を共和党がとるなら今月下旬に開催するG20での米中首脳会談でなにかしら中国からの妥協案を引き出せるのではないかと思っていましたが、今回の米中間選挙で2年後の大統領選でのトランプ大統領が勝つ可能性が下がりましたのでそれも薄くなったかと思います。中国は貿易摩擦を長期化できるように動いてますしね。

さて、今回の選挙では「ねじれ議会」となりましたので米国株は調整するのではないかと思いますが、それを読んでいる投資家マネーはどこに向かうのかに注目したいです。ファンダメンタル的に割安になっている日本株なのか、軒並み下落している新興国なのか、これからも米国の景気は伸びる見解で米国なのか。。米国が調整に入るのならばこの投資マネーの動きが気になりますね。ここらへんは何か動きが出てきたら書いていこうと思います。

では、お疲れ様でした。

株の初心者に必要な4つの心得←株の初心者必読

最後まで読んでありがとうございます。最後下をぽちっと押してくれると応援になります(^_^)


人気ブログランキング

こちらもよろしく
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村